ENTORY NO.

8

漆黒地金彩花器の形

麻生高校

​年生

3

梅津

裕真

​作品の幅

​作品の高さ

​作品の奥行

160

332

157

単位はmm

​制作意図

真っ赤な牡丹などの大輪の花を一輪さしてなお存在感ある花器を目指して作成しました。黒と金のコントラストと水差しのような長い胴部分、注ぎ口のような特徴をもたせた縁で、花に負けない個性を表現しました。

​写真をクリックするとフルサイズで表示されます

梅津
梅津
梅津
梅津